ファッション

【パーソナルカラー診断】を大阪の大丸梅田店で受けてきました。少数精鋭ワードローブを作るために。

厳選された少数精鋭のワードローブを作るために、私服の制服化に挑戦しています。

さらに、自分に本当に似合う物を知りたいと思い、第三者の目で私に似合う物を判断してもらうことにしました。

今回はパーソナルカラー診断に行ったのでレポートしたいと思います。

同じように洋服を厳選したいと思っている人の参考になったら嬉しいです。

 パーソナルカラー診断とは

f:id:yuslife16:20161213170821j:plain

カラードレープを使って、お似合いの色を診断し、あなたの魅力を引き立てるカラーコーディネートをアドバイスいたします。

※お肌、瞳の色を参考に診断いたしますので、ノーメイクまたは、ナチュラルメイクでお越しください。また、カラーコンタクトのご使用はご遠慮ください。

《出典》大丸松坂屋 ファッションナビ | 梅田店

カラー診断にもいろんな種類があるようですが、肌の色などから判断してスプリング・サマー・オータム・ウィンターの4種類に分けるのが主流なようです。

ちなみに以前別のところで見てもらったときは、もう少し細かい種類分けのものだったようで、私はアーリースプリングという診断でした。

診断の流れ

予約

百貨店という安心な環境なうえに、価格も良心的な、大丸のファッションナビにお願いすることにしました。

dmdepart.jp

ホームページから予約できますが、結構先まで埋まってしまっています。予約のコツは、予約可能な日時になったらすぐに予約を確定させることです。私はホームページにログインした状態で待ち、開始時刻ぴったりに予約をして成功しました。現在は28日前の午前11時から予約可能とのことなので、狙ってみてください。

いよいよ大丸梅田のファッションナビへ

f:id:yuslife16:20161213170743j:plain

受付と、事前に会計をしたら、鏡の前に座ります。気さくな関西弁のお姉さんが担当になりました。(大阪なので関西弁で当たり前なのですが、関東出身の私としては関西弁というだけでとにかく明るい人という印象を持ってしまいます。)

ちなみに個室ではありません。しかし、パーテーションで区切られているので、よっぽど覗き込まれなければ買い物をしている他のお客さんには見られません。会話も外のお客さんには聞こえていないと思います。

カラー診断の説明を受けます

カラー診断とはどんなものか、スプリング・サマー・オータム・ウィンターの特徴や当てはまる有名人を例にあげてくれたりしながら関西弁で楽しく説明してくれたあとに、いよいよ診断です!

私に似合う色とは

f:id:yuslife16:20161213170921j:plain

まず、首から下を白い大きな布で覆われて、顔だけを出します。

前髪も顔にかからないようにぴったり止められます。まるで美容院の鏡の前に座っているみたいな状態です。

そこにいろんな色の布を当てて、お姉さんが

「顔色がよく見える・悪く見える」

「頬の赤みが出る・肌色がキレイに均一になる」

「輪郭や目などのパーツがくっきりする・ぼんやりする」

などの判断をしながら私に似合う色味を探してくれます。

私の診断結果はサマー

f:id:yuslife16:20161213172040j:image

最後までスプリングとサマーで迷われていましたが、最終的には「サマー」という診断になりました。この中でも特にベビーブルーやアスターバイオレットなどが似合うとのこと。ちなみに、以前の診断結果はスプリングでした。

前回の結果も話すと、

本来はその人が生まれつき持っている性質なので変わることはありません。お客様はスプリングとサマーとを迷うラインなので、髪の色などで左右されてしまったかもしれません。前回髪の色が明るかったりしませんでしたか?」

と言われました。確かに前回は学生だったのでかなり明るめの茶髪でした。現在は何もカラーをしていない地毛の黒です。

今まで自分はスプリングだと思っていた…

f:id:yuslife16:20161213172050j:image

さらに「スプリングも似合わない訳ではないですよ。顔色は明るくなりますしお似合いになる色もあります。一方で少し頬の赤みが出過ぎるので、サマーのほうが顔色が均一にキレイに見えるのでお客様はサマーです」とのことでした。

頬の赤みは自分でも気になっている点だったので、サマーの色味を上手に取り入れたいなと思いました。

感想

ずっと自分はスプリングだと思っていたので衝撃ではありましたが、昔は似合うと思っていたオレンジなどの色物が、最近「あれ?」と思うようになっていたので、サマーという結果には納得です。スーツを着るときも、黒よりサマーの色味であるグレーやネイビーのほうが自分なりにもしっくりきていたので、間違っていなかったことに安心しました。

一方、残念なのは定番アイテムのトレンチコートのようなくすんだベージュは似合わないということ。

ファッションは楽しむもの

f:id:yuslife16:20161213172131j:image

お姉さんからは「この色しか着てはいけない、と思わないでくださいね。欲しいなと思った洋服のどの色を買うか迷ったときに参考に思い出す程度に使ってください。好きな色を着ることもファッションの醍醐味ですから、ファッションは楽しんで」というアドバイスと共に、サマーのまとめが書いてある紙を頂きました。確かに診断に縛られすぎてもおもしろくないですよね。とっても優しくて明るいお姉さんで、楽しい時間が過ごせました。

まとめ

f:id:yuslife16:20161213171128j:plain

私が最終的に目指すのは「ミニマリスト」と「子育て」と「30代女子力」のバランスがとれたみすぼらしくない程度におしゃれなミニマリストです。

いずれは自信を持って出かけられるような少数精鋭なワードローブで揃えたいです。 そのために、自分に本当に似合うものを第三者の目で判断してもらえて良かったです。45分で3240円というコスパの良さもあり、大満足で帰宅しました。

そして、子供を見ていてくれた夫にも感謝です。ひさしぶりに一人時間を楽しめました。

次回は骨格診断、印象診断のレポートもしたいと思います。

▼骨格診断のレポートはこちら

www.yuslife.com

▼ツイッターではブログの更新情報とともに、子育てで思ったことや、スイーツ、片付けの記録などをつぶやいています。ぜひフォローしてくださいね。

あわせて読みたい
ミニマリストがワードローブ作りの参考にしているお気に入りのファッション本3冊ミニマリストになって、毎月のように買っていたファッション雑誌を全く読まなくなりました。 そのかわり、流行を意識しすぎないワードロー...

▼似合うものがわかると洋服選びが楽しくなりますね。