アロマ

5分で完成!アロマで簡単、自分だけのマッサージオイルの作り方。

私が作っているホホバオイルの作り方をご紹介します。

肌のお手入れにも、ボディマッサージにも、これからの季節の乾燥対策にも何でも使えます。まさしく万能オイル!

作るのもとても簡単です。

アロママッサージオイルの材料

  • 遮光性の瓶
  • ホホバオイル 100ml
  • お好きなアロマオイル 0.5〜1.0ml分

日本アロマテラピー協会(AEAJ)では、安全に使えるトリートメントの際の精油濃度が決まっており、顔は0.5%未満、体には1%未満となっています。

肌に直接使うものですので、希釈濃度には十分お気をつけください。

 

低い濃度でも十分香りは楽しめます。

濃くなりすぎて薄めるよりも、物足りないときに後から足すほうが簡単です。

初めての方は、ちょっと物足りないくらいの濃度から試してくださいね。

アロママッサージオイルの作り方

①遮光性の瓶にホホバオイルを入れます

②お好きな精油を入れてよく混ぜます

f:id:yuslife16:20160927105921j:image

できあがり!!

どうですか。ものすごく簡単ですよね!

これを作っておくだけでいろんなことに使えます。

アロママッサージオイルの使い方

人間の皮脂膜の成分に近いホホバオイルと、好きなアロマで作ったマッサージオイルはいろんな用途に使えます。

お腹のマッサージに

脂肪燃焼やデトックスに効果が期待できるアロマを入れてマッサージすると、ただマッサージするよりも効く気がしますよね。

おすすめのアロマは、グレープフルーツやジュニパー、ローズマリーなどです。

足のむくみに

たくさん歩いた日、ずっとデスクワークで足が重い時。

老廃物を流してくれる効果が期待できるアロマを入れて、ふくらはぎをマッサージしてみましょう。

すっきりしますよ!

おすすめのアロマは、ジュニパーやローズマリーなどです。

簡単スキンケアに

私は肌断食しているので、化粧水や乳液は使っていません。

洗顔後にこれを1〜2滴手のひらで伸ばして、顔をやさしく抑えるようにオイルをつけます。(顔なので濃度は0.5%以下にしましょう)

おすすめのアロマは、ゼラニウムやベルガプテンフリーのベルガモット、フランキンセンスなどです。

 

私のスキンケアはたったこれだけ!

1滴ずつ出すために、私はこのような遮光のスポイト容器に移して使っています。

f:id:yuslife16:20160927105940j:image

アロママッサージオイルの注意点

マッサージオイルの保存期間は1ヶ月程度です。

私はもっと長期間使ってしまっていますが、自己責任なのでおすすめはしません。

作った日付けを忘れそうだったらラベルを貼っておきましょう。

 

そのほかのアロマに関する注意点はこちらにまとめてあります。

安全に楽しむために、ぜひ目を通してくださいね。

【初心者用アロマ】これから始める方に知っておいてもらいたい注意点5つ香りの力ってすごいですよね。ちょっと嗅ぐだけでリラックスしたりリフレッシュしたり。私はアロマテラピーが好きで10年程前にアロマテラピー検...

今回のレシピ

ホホバオイル100mlに対して

・ゼラニウム1滴(0.03ml)

・スイートオレンジ1滴(0.03ml)

・ラベンダートゥルー1滴(0.03ml)

計3滴(0.09ml)

f:id:yuslife16:20160927110148j:image

お花の優しい香りに、柑橘系の爽やかな甘さをいれました。

夏はローズマリーやユーカリなどすっきりした香りを使うことが多かったですが、やっと暑さも和らいできたので、お花多めにしてみました。

アロマで手作りすると、季節や気分で好きな香りにできるのがいいです。

先ほども言いましたが、私は洗顔後にこれだけ。

化粧水も乳液も美容液もなんにも使ってません。

シンプルに生活したいミニマリストにぴったりです。