読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シンプルに、しあわせに。

片付いた家で穏やかに暮らしたい。ミニマムな生活でこの夢を叶えます。

【ミニマリストへの道】フクウロでの靴の査定結果と、子育て中に物を減らすことについて

【スポンサーリンク】

こんにちは。

ミニマリストを目指すゆうです。

 

先日、フクウロの買取に出した靴の査定結果が出ました。

手放した靴は以下の3足です。

 

くわしくはこちら。前回の記事です。

www.yuslife.com

 

結果

「アパレル 500円」

 

以上。あっけなかったです。靴って高いのになー。

 

前の記事にも書いたのですが、靴のほうが気に入る物を見つけるのに時間がかかるからか洋服よりも愛着がわいて手放すのが辛かったです。なので3足処分して500円はちょっと悲しいです…。

しかし、自分が人の履いた靴を500円で買いたいかといわれると、抵抗があるのも確かなので仕方ないですね。値段がついただけでもありがたいです。了承の返信をしておきました。

 

物を減らすつらさ

買ったときのるんるんな気持ち、購入にかけたお金、使っていたときの思い出などなど、物を処分するときって少なくともマイナスな感情が出てきます。そのマイナスの感情と、処分してすっきり、気持ちいい!というプラスの感情とが交互に湧いてきて、断捨離のスピードが落ちるなと感じていました。

ゴールを設定できていないのが問題だと思います。どこまですっきりしたいのか、どこまで減らしたらとりあえずよしとするのか、が自分の中で決まっていないので迷うのです。これなくてもいいような?いつか使うかも?まだこの引き出しに入るし。でもなくなったらすっきりするんだろうな。でも。でも・・・。というように。

 

ミニマリストの定義

Wikipediaによると、

最低限度の物だけを持って生活するライフスタイル

とのことです。たったこれだけでした。

 

人によって、最低限って違いますよね。さらに、同じ人でもそのときおかれている状況によって「最低限」って変化していく気がします。

 

私にとっての最低限

なんでこんなに迷うのか考えました。

現在私は育児休暇中です。ここ数年で結婚し、子供ができて家族が増えました。引っ越しもしました。これから仕事に復帰したらいまの生活とはガラッと変わる可能性がありますし、できたらもうひとり子供が欲しいなと思っています。そんなわけで、状況がコロコロ変わるので自分にとっての最低限が決めきれないのが原因かなと思いました。

特に子供のものってどんどん増えるんですよね。初めてのことでわからないことだらけだし情報もたくさんある。そのくせ、使わなくなるのも早いです。洋服のサイズアウトはすぐですし、おもちゃなんて対象年齢が過ぎてしまうとただのがらくたです。もういらないのに、もしかして運良く2人目ができたら必要になるかもと思うと処分できない。

 

一気に片付けようとせず、時間をかけて少しずつ

以前、私の考える子育て中の断捨離方法で、こんまりさんの方法を参考に洋服から断捨離していくと宣言しました。ただ、自分の洋服も子供の成長具合でどうなるのか自分自身が決めきれていないのです。着たい洋服(キレイめ)と、着れる洋服(ガシガシ洗濯ができる)が違うから、とっておきたい洋服が今の自分には必要ない。マタニティーや授乳服ももういらないけれど、また必要になるかもしれない。できれば妊娠したいからとっておきたい。

最初の洋服のカテゴリーが今の私にはハードルが高かったんです。ミニマリストに憧れるがあまり、『最低限まで減らす』にこだわりすぎて断捨離が進みませんでした。なかなか進まない理由を考えているうちに最初から完璧な最低限を目指さなくても、少しずつでいいかなと思えてきました。

いま必要な服、いま妊婦だったら着たい服、いま授乳中だったらすぐに着たい服、をとりあえず残して先に進もうと思います。

 

こちらも参考にしたり刺激をもらいながら、引き続きミニマリストを目指していきます。(にほんブログ村

すっきり暮らす

断捨離シンプル&ミニマムな暮らし

断捨離でゆとり生活 

スッキリさせた場所・もの

服の断捨離 ・ 整理収納

 

ランキングに参加しています。

よろしければ応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ